ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    バースディきっぷで四国一周(2)

    40214509_org.jpg

    この日はまず、予讃線の海回りに乗りに行きます。
    伊予大洲まではいしづち1号で移動。

    40214531_org.jpg
    1両編成の普通列車で予讃線の海回りを乗りつぶします。

    40214539_org.jpg
    窓の外はすぐに海です。

    下灘から1駅区間はツアー旅行の団体さんが乗り込んでだいぶ混み合いました。



    そのまま松山駅に戻りまして、つぎはしおかぜ16号です。
    待ってました!8000系。
    乗る前からミニ新幹線のような見た目が気になっていたんです。
    40214545_org.jpg


    車内でお昼ご飯を食べます。松山駅で買った坊ちゃん弁当620円です。
    40214518_org.jpg

    坊ちゃんの好物を集めたメニューのようです。
    ごはん、おかず、ちょっとしたデザートと値段の割にいろいろ入っていました。
    なぜ、坊ちゃん弁当を買ったのか・・・。
    それは“きな粉まぶしおにぎり”が入っていると聞いたからです。

    私はきな粉が大好きなのでおいしく食べましたが、賛否は分かれそうです。


    時々見える瀬戸内海を楽しみつつ、
    バースデイきっぷで乗れる境界の児島駅まで乗車しました。

    さて、児島駅からまた四国に戻るわけですが
    今度は快速マリンライナーです。
    高松方の1両は2階建てになっています。見た目もゴツイ感じ。
    40214921_org.jpg

    特に一番前はパノラマ席で、運転席の後ろから眺望を楽しめます。
    このパノラマ席。グリーン車なんですよねぇ~。
    ですから、もちろんバースデイきっぷで乗ります!

    瀬戸大橋を渡る様子がよーく分かります!
    40214940_org.jpg


    高松からは徳島方面に向かう特急に乗り換えます。

    途中、池谷駅で下車。普通列車に乗り換え、鳴門駅へ。
    40214934_org.jpg

    この日はホーム嵩上げ工事のため昼の時間帯は列車が運休していまして、
    時間があわなくなってしまったので
    渦潮を見に行くのを諦めたという経緯があったりします。
    ちょうど大潮の時期だったので残念です・・・。

    鳴門駅では近くにスーパーがあったのでそちらを覗いてみたり。
    大鳴門橋で淡路島と縁が深いのか、淡路島牛乳がたくさん売られていたのが印象的です。



    1時間ほどすごして折り返し、徳島へ。
    40222383_org.jpg

    ちょうど夕食時でしたので、まずは徳島ラーメンを食べます!
    徳島駅前のCITY6階にある「いわた」で。¥500
    40222377_org.jpg
    徳島ラーメンといえば
    濃厚とんこつ醤油スープに味付け豚バラ+生卵のイメージなようですが、
    私が行ったお店では豚バラのほかにチャーシューも乗っていました。
    麺は細いストレート麺です。

    ラーメンのほかにご飯ものを食べることを前提とした少なめの麺。
    濃厚な味付け。なんとなく和歌山ラーメンと似てますかねぇ~。(地理的にも近いですし)


    そして「ビジネスホテル徳島東船場」にチェックイン。素泊まりシングル¥3500。
    建物は古くオートロックもないのですが、受付の人が親切でした。

    お風呂やトイレはリニューアル工事されているので綺麗ですし。
    お部屋が広いのがいまどきのチェーンビジネスホテルと違うかなぁ~と。




    荷物を置き、眉山観光へ繰り出します。
    たぶん、今回の旅行で唯一観光っぽいです。

    ロープウェイは阿波踊り会館の5階から乗れます。
    1階は広いおみやげコーナーで見ていて飽きないですよ~。
    「鳴門炙り金時」を買いました。
    P1020383.jpg


    ナイター営業のロープウェイに乗り込みます。(ナイター割引で往復600円)
    40222366_org.jpg

    15分間隔で運転しているのですが、乗り込んだのはなんと、私一人。
    下りてくるゴンドラにも誰も乗っていなくて
    まさに“私のために動いている”ロープウェイという感じでした。


    で眉山山頂から徳島駅方向の夜景をゆっくり鑑賞。
    40222407_org.jpg

    徳島駅、吉野川、その向こうに瀬戸内海、さらには淡路島。
    昼間に来ても、楽しそうです。
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment