ひなたぼっこ

    ARTICLE PAGE

    バースディきっぷで四国一周(1)

    仕事が終わって、東京駅へ。


    そして22時になりサンライズ瀬戸に乗り込みました。
    39910066_org.jpg
    おーー、電車寝台!


    39910201_org.jpg
    行きは「ノビノビ座席」という名の雑魚寝カーペットです。
    1人1人区切りはあるものの、隣人との距離は近め。
    そして床は薄いカーペットだけなので、寝ていると背中やお尻が痛いです。

    まぁ、それでも仕事あがりだし、それなりに寝ましたけど。


    翌朝。
    瀬戸大橋を渡る直前に目がさめ、瀬戸内海にのぼる朝日をみながら
    まだ見ぬ四国の地が近付いていることにワクワク。

    そして高松駅に到着。
    39956139_org.jpg


    まずはこれ!讃岐うどん。
    39956085_org.jpg

    高松駅で立ち食いうどん屋として営業している「連絡船うどん」です。
    駅舎とスーパーの間を入っていくと、改札の外からでも食べられます。



    ここからは「バースディきっぷ」を利用します。
    こちらは誕生月に3日間、グリーン車も含めJR四国の列車に乗り降り自由というきっぷです。

    南風3号グリーン車で高知を目指します。
    40002933_org.jpg
    グリーン車の座席は座面がふっかふかで感動。


    高知について、まずは「はりまや橋」を見に行こうと土佐電鉄で移動。
    歩いても行ける距離ですが、
    路面電車に縁のない私は、ぜひ乗ってみたかったんです。
    40002949_org.jpg

    40002957_org.jpg


    昼は「田舎寿司」。
    駅の中にあるキヨスクで購入しました。
    40014371_org.jpg


    高知駅から窪川駅に移動し、
    予土線に乗り換えます。(正確には若井の先で分かれますが、そこは省きます)
    40061283_org.jpg

    普通列車だけが走るローカルな路線。
    私が始発から乗ったときは、2人ほどおばあちゃんが乗っていましたが
    途中駅で下車したので、しばらく乗客は私1人という状態。

    四万十川がとてもきれいな車窓を一人占めでした。
    写真では分かりにくいですが、名物の沈下橋も時々見えました。
    40061328_org.jpg

    ちょうど路線の中間あたりにある「江川崎駅」で30分ほど停車。

    とにかく静かでした。
    時折聞こえるのはウグイスの鳴き声。
    そして遠くから1両編成のディーゼルカーのエンジン音。
    誰もいなくて、でもそれが怖いという感じではなく癒される気がしました。

    ちなみに江川崎駅を出てしばらくすると、
    高校生たちがたくさん乗ってきて生活路線に様変わりしました。



    宇和島につきまして、すぐの宇和海22号(グリーン車連結なし)には乗らずに駅前をふらふら。

    そして次のグリーン車が連結される宇和海24号に乗りました。
    しかし数日前の事故で車両点検中らしく、
    結局グリーン車が連結されていませんでした・・・ううう(涙)


    まぁそれでも特急というのは快適なもので、あっという間に松山に到着です。


    今回は松山駅の目の前にあるターミナルホテルに泊まりました。
    朝食なしでシングル¥3980。



    ホテルの前に、キスケの湯があって通常550円の入浴券が250円で買えたので
    そちらでゆっくりと疲れを癒しました。
    マッサージ機が無料なのが嬉しくて、15分くらい肩をほぐしてみたり。
    いろいろなお風呂があったけど、日替わり湯(この日はローズヒップ)と歩行湯が良かったです。
    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment