ひなたぼっこ

    TAG PAGE

    久慈といえば「らーめんの千草」。

    ※最新記事は下の方にあります

    (初回2013/4/25)
    あまちゃんのロケ地を巡った際に、
    「らーめんの千草」に行ってきました。

    横浜ラーメン博物館に出店していた時期もあるお店です。


    ラーメン600円。

    特徴はなんといっても鶏のみで作られた点。

    チャーシューも鶏肉なんです。

    鶏だしのスープは
    魚介系を使ったものは違うまろやかさがあります。

    麺はやや柔らかめかな。

    昔は盛岡駅フェザンにも出店していて、
    独身の頃の夫は良く通っていたそうですが、閉店してしまったので残念がってます…。


    ちなみに平日の正午前にお店に入ったのに
    満席でしばらく待ちました。大人気ですね。


    小泉今日子さんや荒川良々さんのサインも店内にありましたので
    あまちゃんのロケ地めぐりをする方にもおすすめです!
    久慈駅から徒歩5分弱です。


    お店で持ち帰り用ラーメンが買えるほか、
    道の駅くじでも千草の持ち帰り用ラーメンが販売されています。




    関連ランキング:ラーメン | 久慈駅





    ★追記 2014.9.1
    消費税が上がってから初めて千草に行ってきました。
    相変わらずの人気店で、11時台から待ち客が絶えずにいる感じでした。
    ラーメンは620円に値上がりしていました。




    ★追記 2017/8/12
    北限の海女フェスティバル&あまちゃんサミットを見に
    久慈に行ってきたので、お昼は千草へ。

    ブログに書いていないときにも行っているのですが
    いつも同じメニューを食べているので追記する内容もなく…。

    今回は、以前より気になっていた
    もう1つの名物メニュー「カツらーめん」に初挑戦。(890円)

    foodpic7824669.jpg
    他のラーメンはチャーシューを含めて鶏肉のみでできているのに対して
    カツは豚肉です。

    薄めでカラッと揚げられているので
    ラーメンの旨味を妨げない感じですね。



    それとメニューには書いていない
    「鶏皮」を注文している人がいたので気になって
    買ってみることにしました。

    真空パックに入ったもの1パック350円。
    何枚も入っていたので1口大に切ってみました。
    foodpic7824672.jpg

    味が染み込んだ鶏皮はおつまみにピッタリ!
    関連記事

    ごはんに龍泉洞黒豚肉みそ、パンにきぶどうジャム。

    今回の岩泉&沿岸北部旅行中に買った土産を2品まとめて。


    龍泉洞を見学した後に
    「龍泉洞観光会館」にて購入。

    龍泉洞黒豚肉みそ。
    製造は岩泉町の「早野商店」
    DSC_1999
    甘じょっぱい肉みそに、ふきとわらび、しいたけを刻んだものが入っていて
    ご飯のおともに最適!

    ちくわに詰めておつまみとしても楽しみました。

    原材料も
    「醤油、米麹、黒豚肉、わらび、ふき、しいたけ、
    砂糖、本みりん、清酒、植物油、にんにく」とシンプルです。



    それと、道の駅くじで
    佐幸本店の「山のきぶどう」シリーズから
    きぶどうジャム。

    DSC_2011

    とろとろのソースタイプなので
    ヨーグルトソースにもおすすめ。

    ヨーグルトと合わせると
    特にきぶどうのおいしさと酸味が生きる気がしました。


    (完全な余談ですが…)
    これを岩泉ヨーグルトの加糖タイプに合わせたら
    すごく美味しいだろうな~と想像しながら食べました。

    今、岩泉乳業の新工場を建設中ということで
    復活したときには、またきぶどうジャムを買って
    合わせて食べたいと思います。
    関連記事

    通常タイプより飲みやすい♪完熟山のきぶどう

    久慈市・佐幸本店の「完熟山のきぶどう」をいただきました。

    通常タイプの「山のきぶどう」は、山ぶどう100%のジュースで
    目のさめるような酸味が魅力的です。

    こちらの「完熟山のきぶどう」は
    完熟した実だけを使っているそうで
    通常タイプよりも酸味が抑えられ、飲みやすいです。



    成分が沈殿するほどの濃さなので
    無糖炭酸水などで割って飲むのも美味しいですよ♪


    もちろんストレートでも!

    暑くなってくるとこの酸味が
    なんとなく体に効くー!気がするのです。
    鉄分・カルシウムも豊富だそうです。
    関連記事

    砂けむりあがる白熱の闘牛!@全国闘牛サミットin久慈大会

    久慈市・平庭高原闘牛場で開催された
    「第19回全国闘牛サミットin久慈大会 記念闘牛大会」へ
    行ってきました。

    予定より1時間寝坊するというアクシデントはありましたが、
    8時ごろに到着。

    牛たちのウォーミングアップも見られました。

    この時は空席がたくさんありますが、この席、全部埋まります。


    10時からオープニングセレモニー。
    南部牛追唄や民謡の披露。
    ご来賓の祝辞。
    最後にはもちまきも。


    11時から闘牛が始まります。
    相撲と同じく下のランクから始まりますので
    はじめは若い牛たちの取組。
    まだ遊びの延長のような感じでしょうか。



    取組中は解説があるので、私のような素人でも楽しむことができます。

    ちなみに平庭高原での闘牛は勝敗をつけずに引き分けになります。


    3試合ごとに今回のサミットに参加している市町のPRタイム。



    どんどん強い牛が出てきて迫力が増していきます。
    白熱して、柵のすぐ近くまで行くことも。



    こちらは今回の注目!
    珍しい白い闘牛です。

    今回がデビュー戦。
    今後の活躍が期待されますね!




    ときに角同士がぶつかる音がしたり、
    砂けむりが上がったりする闘牛は本当に迫力満点でした!


    千秋楽の様子はYouTubeにアップしてみました。


    終了したのは13時半ごろという長丁場ですが、
    ぜんぜん飽きなかったですよ~。


    東北では唯一となる闘牛。
    また機会を見つけて観戦しに行きたいです。

    それに、地域によって闘牛も特色が違うようなので
    (勢子の人数、鼻綱の有無、勝敗をつけるか等)
    他地域も見てみたくなりました!
    関連記事

    復活した「もぐらんぴあ」にさっそく行ってきました!

    久慈市の海沿いにあり、
    東日本大震災の際に津波で大きな被害を受けた
    「地下水族科学館・もぐらんぴあ」が4/23に復活しました!

    P1030574
    さっそく平日の4/25に行ってきました。
    (※月曜は休業日ですがこの日は営業)

    入場料は大人700円。


    もともと石油備蓄基地に作られた施設なので
    最初に石油に関する展示物があります。
    P1030488


    その後は水族館。

    P1030554
    なんといっても復興の象徴が「かめ吉」ですね。
    津波から数日後に弱った状態で助け出され
    八戸のマリエントで過ごしていたそう。
    今は元気に水槽内を泳ぎ回っています。

    P1030548
    他にも震災を生き抜いた生物がいます。

    クラゲの展示も多く癒されました。
    1030528

    P1030560


    角質を食べてくれる魚「ガラ・ルファ」の体験。
    4月中はオープン記念で無料でした。
    1030518

    子供の隣で手を入れると、角質が多い大人の手に魚が集まってしまい
    申し訳ない気持ちに…。
    すご~くくすぐったかったです。
    でも水槽に入れた右手だけつるつるになりました(笑)


    規模が大きな施設ではないですが、
    まとまりがあり、展示物も面白くてとてもよかったです~。



    帰りに「道の駅のだ」へ。
    久しぶりにのだ塩ソフトを食べました。
    やっぱり美味しいな~。
    DSC_0354
    コーンの種類が選べるようになっていたのでワッフルコーンにしました。


    それと道の駅から近い越戸商店宇部店。
    ここは海産物を買うのに穴場です。
    観光地の魚屋ではなく、市民のためのスーパーなのでお手頃。
    DSC_0355
    いさだの刺身は写真の分量で300円です。
    (私の切り方と盛り方が下手なのはご勘弁を!)

    手前の豚の角煮も安くて美味しかった~。
    関連記事