ひなたぼっこ

    ARCHIVE PAGE

    だだちゃ豆いただきました!

    祖父母から昨日、「だだちゃ豆」が届きました♪




    だだちゃ豆・・・
    山形県庄内地方名産の枝豆なんですが
    豆の味が濃厚で、香りがとっても良いんです。

    さやの毛が茶色っぽいので
    ぱっと見だと、見た目が良くないんですが
    そんな見た目なんてすぐ忘れちゃうほど味が良いです。


    ちなみに「だだちゃ」は庄内弁で「おやじ」とか「お父さん」を意味するそうです。


    さっそくゆでて、ビールと一緒楽しみます(´∀`*)

    関連記事

    18きっぷで北東北の夏めぐり(3)

    朝早くから津軽線に乗りに行きました。
    津軽線の終点、三厩駅。





    ここでJR東日本の路線、完乗しました!



    その後、青森駅に戻ります。
    新青森までの乗車券購入。

    特急つがるに乗ってみましたw
    (新青森~青森間は乗車券のみで特急自由席に乗車できる特例があります)

    新青森駅で下車して、駅の中をプラプラ。

    1杯100円で日本酒を試飲できる機械があるので楽しみます。
    豊盃と八甲田おろしをいただきました(´∀`*)
    私は八甲田おろしが飲みやすくて好きです。



    今度は普通列車に乗車して大鰐温泉駅まで。



    駅前にある鰐comeという温泉施設へ。

      ●鰐come
       青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字川辺11-11
       
    大人500円の入場料で
    ゆったり入浴し休憩所で休めます。

    ここ、食べ物も美味しい♪

    お昼時だったので「もやしそば」を食べましたが
    大鰐名物のもやしのシャキシャキ感と
    津軽そばの独特の食感がマッチしていて美味です。

    ちなみに上に乗ってる鶏肉はシャモロックですよ~。

    あと「わ」というスイーツも。

    大鰐の駄菓子「マカロニドン」と醤油ジュレのスイーツなんです。
    アンバランスかと思いましたが
    意外や意外。美味しかったです!


    産直のようなコーナーもあり、1日中いても飽きないかもしれません!


    疲れを癒したところで普通列車に乗り帰宅しました~。


    ●18きっぷで北東北の夏めぐり
    1.秋田竿燈まつり
    2.リゾートしらかみ&青森ねぶた祭
    3.三厩駅でJR東日本完乗!
    関連記事

    18きっぷで北東北の夏めぐり(2)

    この日は「快速リゾートしらかみ号」で五能線クルージング。

    本当はハイブリット新車両を使っている1号に乗りたかったのですが
    満席だったので3号に乗車しました。




    東能代駅では流しジュンサイの振る舞いがあり、
    お土産にじゅんさんとミネラルウォーターをいただきました。


    能代駅では列車停車時間にバスケットゲームができて
    ゴールを決めると景品がもらえました。
    偶然にもシュートがきまり秋田杉の箸置きをいただいちゃいました(´∀`*)
    秋田杉がいい香り♪さっそく我が家で活用します。



    千畳敷駅では15分ほど停車。
    停車時間中に千畳敷を見に行けます。
    千畳敷


    そのほかは車窓の日本海を眺めながらまったりとすごします。



    弘前駅から奥羽線に乗り換え。混んでました。
    「みんなねぶたに行くのかな?」と思ったのですが
    新幹線に乗換できる新青森駅で多数下車でした。
    日曜日だし帰る人も多かったようです。


    そして青森駅のホテルにチェックイン。

    青森ねぶたに繰り出します。
    ただ今回は見に行ったのが7日最終日だったので、
    花火と海上運行でした。

    海上運行と花火
    花火は綺麗なんですけど
    海上運行だとねぶたまで距離があってあまりよく見えないのが残念でした。
    (有料観覧席などから見れば違うのでしょうが・・・。
     または双眼鏡やズーム機能の良いカメラを持っていくか。)

    個人的には最終日以外の運行の方が
    ぱっといって楽しめるな~という感想です。

    来年は最終日以外に行きたいです。
    そしてハネトとしてねぶたに参加したい!



    ●18きっぷで北東北の夏めぐり
    1.秋田竿燈まつり
    2.リゾートしらかみ&青森ねぶた祭
    3.三厩駅でJR東日本完乗!
    関連記事

    18きっぷで北東北の夏めぐり(1)

    18きっぷで北東北の夏祭りをめぐってきました。


    まずは花輪線に乗り込みます。
    何度か乗ってますが、川や山々の車窓が楽しめる路線です。

    大館駅に到着後、駅前の花善へ。


    大館駅には「鶏めし」という駅弁がありまして
    それがとっても美味しいんです。
    「花善」はその駅弁の製造元。
    製造元の食事処に行くと出来立ての「鶏めし御膳」が楽しめるってわけなんです。


    ところがなんと、団体予約で貸し切り(T_T)
    楽しみにしていたのでショック。
    ここはリベンジしなくちゃ!!!


    で、お昼は結局、
    秋北バスターミナルの中にある「秋北食堂」で食べました。
    気温は30度越え。冷房は無し!硬派。



    でも手ごろな価格で美味しかったですよ。
    夏以外ならお勧めです(笑)

    珍しいメニューとしては「もつそば」がありました。



    関連ランキング:定食・食堂 | 大館駅



    その後奥羽本線に乗り込みます。
    奥羽本線としては珍しい5両という長大編成。

    「竿灯まつりだから秋田に近づくにつれて電車が混むのかな?」と思ってましたが
    結局、スカスカのまま秋田駅に到着しました。


    秋田ではまずホテルにチェックイン。
    荷物を降ろして汗を流しました。

    そして念願の竿灯まつりの会場へ向かいます!


    東北三大祭りの一つ「秋田 竿灯まつり」
    土曜日の夜で最終日なので人出も最高潮!


    会場に向かう道の途中で売っているババヘラアイス(¥200)。
    シャーベットのようなさっぱり味のアイスです。


    ババ(おばあちゃん)がヘラでバラのように盛ってくれます。


    あと屋台村でどんどん焼きや牛串焼き。
    どんどん焼きは食べ歩きしやすいように割り箸に巻きつけたお好み焼きだそうです。



    そして竿灯の入場。



    19:15頃、辺りも暗くなり演技開始。



    もうとにかく面白かったです!


    竿灯が客席の方に倒れてきそうになる迫力とか、
    お囃子の煽りとかどれも良いです。

    夫と「来年もぜひとも行きたいね!」と話しました。






    また他の祭りよりも、人の誘導がうまくて
    人の多さが苦痛になりにくいと感じました。

    演技のあとには「ふれあいの時間」が設けられていて
    竿灯と写真を撮ることができたり、
    観光客に対するおもてなしがすごく良いです♪



    ●18きっぷで北東北の夏めぐり
    1.秋田竿燈まつり
    2.リゾートしらかみ&青森ねぶた祭
    3.三厩駅でJR東日本完乗!
    関連記事

    東北の夏祭り:盛岡さんさ踊り

    東北といえば夏祭り!
    短い夏をここぞと楽しむ夏祭りです。


    盛岡ではさんさ踊りが開催されます。

    最終日である8月4日。
    仕事が終わった夫と行ってきました。

    人が多かった~!

    そして写真などでみる印象と全然違いました。


    近くで見ると太鼓の音が心臓に響いてきて
    しかも太鼓のリズムでどんどん楽しい気持ちになっていきます。


    東北三大祭りに比べると
    写真でその鼓動が伝わらないからアピールしにくいです・・・。

    でもその場にいるとすごい。


    例えるなら
    「会場で見る花火大会」と「テレビ中継で見る花火大会」ですかね~。
    破裂音とか全然迫力がちがいますよね。
    あれと似た感じでした。

    blog_import_4e4dbcc973fe3.jpg

    blog_import_4e4dbccb7a76d.jpg

    blog_import_4e4dbccdcfee3.jpg


    なんだろう。
    子供の頃ってお祭りに行っても
    興味があるのは屋台ばかりだったのですが
    (まさに色気より食い気)
    大人になるにつれて
    人と人とが力を合わせて息を合わせて!というのに
    すごく感動するようになりました。


    最終日は昨年の入賞チームが踊っていたのですが
    これがまた、ずば抜けた迫力ですごい!


    あ・・・「すごい」ばかり言ってますね。

    とても言葉では表現できない感じでした。

    とにかく楽しかったです。
    関連記事